痛風と水素水の効果について

痛風とは、体内に蓄積した尿酸が結晶化し、関節炎を発症する病気です。突然足の親指が痛み、赤く腫れ上がり、足を動かすことも困難になるのが痛風の症状です。
医学の進歩により良い薬が開発されていますが、放置し悪化してしまうと、慢性化したり腎臓が悪くなることもある重大な病気です。

 

食べ過ぎ・飲みすぎ、ストレスなどが原因と言われ、脳梗塞や糖尿病などと並ぶ生活習慣病の一つとなっています。

 

この病気は西洋では古くからあったとされていますが、日本で患者数が増加したのは1960年代に入ってからのことです。その背景として、食生活の欧米化によって動物性タンパク質・動物性脂質の摂取量が増加したことが指摘されています。
痛風の原因である尿酸値を下げるには、食生活の見直しや適度な運動が大切ですが、日本において、水素水が尿酸値を下げたという研究結果が報告されています。

 

アルコールを飲んだ場合は尿酸値が上がったのに対し、2リットルの水素水を飲んだ後には尿酸値が下がったというもので、水素には尿酸値を下げる働きがあるとされています。
また、アメリカの研究によると、水素が肥満・糖尿病・メタボリックシンドロームの改善に効果があるという報告がなされています。

 

食生活の改善や運動、さらには水素水の飲用も取り入れることで、痛風や他の生活習慣病の予防・改善を見込めるといえます。